« サンプルの回収率と人口比 | Main | 相変わらずですね »

February 20, 2013

20~30代で意識に男女差

 ちょっと驚くべきことが分かりました。主に結婚改姓に直面する20~40代女性の意識について、経年変化を見てみようと思いました。

 

 すると平成13(2001)年から、平成18(2006)年で一度後退している(賛成が減)のですが、直近の平成24(2012)年で盛り返しているのです。これはうれしいニュースです。

 それならばなぜ最近の調査で後退気味になってしまったのか。主に高齢層で反対が多かったためと思えたのですが、よく見るとそうでもないようです。男性、特に20~30代にて反対傾向が強まっています。

 10年前に比べると、特に若年層で男女間に意識のギャップが広がっています。いったいどういうことでしょうか。若手の男性は制度や結婚相手に別姓を許容しなくなってきているのでしょうか。だとしたら、とても悲しいことです。

 ただ、20代男性は回収率が最も低い層です。回収率は実に1/3。回収された結果はその年代の傾向を正確に示しているのか疑問になります。もしかしたら調査に応じることができるクラスタにおいて反対の傾向が高かったとは考えられないでしょうか。なんともいえませんが詳しい分析、および調査方法が改善されることを願います。

 グラフの縦軸は実施年、回答の割合を横棒グラフで示しました。凡例は最下部に示してあります。

■20代女性

■30代女性

■40代女性

■20代男性

■30代男性

■40代男性

 グラフの(ア)~(エ)は以下の回答を示します。

(ア)婚姻をする以上,夫婦は必ず同じ名字(姓)を名乗るべきであり,現在の法律を改める必要はない

(イ)夫婦が婚姻前の名字(姓)を名乗ることを希望している場合には,夫婦がそれぞれ婚姻前の名字(姓)を名乗ることができるように法律を改めてもかまわない

(ウ)夫婦が婚姻前の名字(姓)を名乗ることを希望していても,夫婦は必ず同じ名字(姓)を名乗るべきだが,婚姻によって名字(姓)を改めた人が婚姻前の名字(姓)を通称としてどこでも使えるように法律を改めることについては,かまわない

(エ)分からない

 データはこちらを参考にしてください。
 平成13年
 http://www8.cao.go.jp/survey/h13/fuufu/images/zu15.gif

 平成18年
 http://www8.cao.go.jp/survey/h18/h18-kazoku/images/z17.gif

 平成24年
 http://www8.cao.go.jp/survey/h24/h24-kazoku/zh/z17.html

|

« サンプルの回収率と人口比 | Main | 相変わらずですね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/56807597

Listed below are links to weblogs that reference 20~30代で意識に男女差:

« サンプルの回収率と人口比 | Main | 相変わらずですね »