« 8月3日緊急院内集会 | Main | 「陳述します」の中身公開 »

January 07, 2012

法律婚で改氏申請

 すっかりごぶさたしております。ブログやめちゃったかと思われたかもしれませんが、忘れていただけでやめてはいません。もちろん法制化もあきらめていません。

 興味深いブログエントリを発見しました(正直に言うと教えてもらったのですけど)。

 法律婚夫婦で結婚改姓した方が、家裁で氏の変更を申請して夫婦別姓にできるか本当にやってみて報告してくれています。すばらしい。

 改名申請で夫婦別姓にできるか?

 待つ身も前に考えたことがありました。でもね、だめだろうなって思いました。それは「婚姻の効果」です。

 法律婚で夫婦別姓になぜできないのか。それは民法750条が夫婦同氏を定めているからです。これは民法的には「婚姻の効果」というカテゴリに表示されています。確かに夫婦の同氏とは「婚姻の効果」、つまり結婚することによって発生する法的な効果なのです。

 具体的に挙げるとまさにこれ。婚姻届を出したら夫婦は同氏になるだけではなく「改氏するなら両方とも」という効果まで出してしまうのです。

 それで待つ身は「効果よりも先に要件ではないか」と思っていました。だってどちらかが自分の氏を捨てて、相手の氏になる、つまり同氏になることを認めなければ婚姻届は受理されないのですから。

 それで待つ身は法務省に「夫婦の同氏は婚姻の要件か効果か?」と聞いてみたことがあります。

 婚姻の効果か要件か

 お答えは「片方が改氏しないと婚姻届が受理されないので要件とみなすことができます。また同時に婚姻後は改氏するなら夫婦ともにしなくてはなりませんので効果といえます」でした。つまり両方ってことですね。

 要件でもあり、効果でもある。実態としてそうなのだから間違いではないのですが、そういう法律の定めというのもほかにあまりないと弁護士さんから聞いた事があります。

 先のブログでも書いていますが、その必然性ってどこにあるのでしょうか?同氏でないと婚姻が認められないって法律として合理性があるのか、また現状の社会情勢からかんがみてどうなのか。本当に疑問でなりません。

 ところで最初に紹介したブログですが、家裁でこう告げられたそうです。

「申請書を提出することはできるけれど、認められる可能性はきわめて低いですよ。戸主でないのでそもそも申立権がない可能性もある」

 認められる可能性は低いどころか「ない」でしょうね。理由は民法750条があるためです。婚姻届の「夫婦の氏」の両方にチェックして断られるのと同じです。

 しかし後段が余計です。「戸主ではないので」って意味分かりません。

 戸主っていませんから!いったいいつの時代の戸籍ですか!

 と心の中で思いきりつっこみたくなりました。家裁でその法知識はないですよね。正しくは「筆頭者」です。

 単に「筆頭者」だったとしても、筆頭者と筆頭者ではない配偶者との間に申し立ての権利に違いがあるだなんておかしいです。夫婦なのに平等ではないということでしょうか。納得がいきません。

 ダメモトではあったけれども、家裁の対応に驚いてつい久しぶりにブログを書いてしまいました。

 本年もどうぞよろしくお願いします。

 

|

« 8月3日緊急院内集会 | Main | 「陳述します」の中身公開 »

Comments

引用していただきありがとうございます。
記録をとってないので、「戸主」と言われたか「筆頭者」と言われたか覚えてないのですが、「戸主」と言われたような気がします・・・

今週、役所に行って法律婚から事実婚にする手続きをしてきましたので、そのもようを近々ブログにアップしますね。

Posted by: K. S. | January 07, 2012 at 04:52 PM

K.S.さん、コメントありがとうございます。

待つ身も法律婚から事実婚にしました。
もう8年前です。。。

まさか法律婚より事実婚期間のほうが長くなるとは思いませんでした。
楽しく乗り切っていきましょう。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | January 08, 2012 at 12:33 PM

わーいお久しぶりですp(^-^)q久々のブログアップに心躍りました♪
大震災のおかげでいささか世間的には黙殺されかかってる感の「夫婦別姓」ですが、国賠訴訟裁判の方は粛々と進んでいるようです。サポーターに入りメール通信で状況を見守ってるとこです。あまり風向きはよくないようですが…(-_-;)
ご紹介のブログは私の携帯では見れないので、パソコンで見れる環境に行って後でゆっくり見たいと思います。
すごいチャレンジャーが居たものですね。私などは会社もあるし一々家裁など面倒だから、そこまで踏み込めないですがそういう人たちが社会を変えうると信じます。大概は氏を変える事に疑問を持ちながらもそうしないと結婚できないから、片方が氏を変える不便を抱えてくれて成立してる現状があるのをもっと風通しよくしたいだけなんですがね(^^;)
危惧するのは大震災で全体的に原点回帰のような風潮がありそれはとりもなおさず古くからの家族イメージを想起させてるように感じます。それが裁判にも影響するのではと心配します。世論に訴えたい部分もあったと思うこの裁判ですが、大震災で一気に後退したように思うのです。
又、本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

Posted by: こも太郎 | January 09, 2012 at 07:49 AM

こも太郎さん、コメントありがとうございます。
確かに震災後は「絆」がブームでそんな雰囲気ありますね。
でも選択的夫婦別氏制度だって「絆」だと思うんですよ。
夫婦の絆って別に名前を一緒にするだけじゃないと思うんです。
今は一緒にしないと制度が夫婦の絆を拒否しているわけで。
もっと絆を持てるようにするには、別氏も認めたら絆増える気がしますけどね。
同氏ではないと「絆」じゃないとなると、なんか表面的・形式的なものに見えてきます。

それはさておき、世論の雰囲気もなんとなく分かります。
後退した気もありますが、震災前に提訴できてよかったのかなと思っています。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | January 09, 2012 at 11:47 AM

「絆」の話が出てたので一言
「絆」って目に見えないからこそ目に見える形にするべきだとは思うよ
物資の輸送しかり募金しかり、そして励ましや感謝の言葉とかね
やっぱりなんらかの形にすることが「絆」を維持するにあたって凄く大事なことだと思うんだ
気持ちだけは繋がってますってのは、要はただの「無関心」でしかないからね

話は変わって、私たち的に「夫婦別姓」については民主党ではなく自民党に掛け合う方法にシフトした方がいいと思うのだけど、待つ身さんはどう思いますか?

Posted by: 清美 | January 10, 2012 at 06:51 PM

清美さん、コメントありがとうございます。
目に見えないからこそ形に、なるほど。そうですね。
ところで民主党から自民党にシフトとのご提案、そう思うのはなぜですか?

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | January 10, 2012 at 10:43 PM

はじめまして。
私は、今年4月に結婚を考えているものです。しかし、彼の「氏」を名乗ることにとても抵抗を持っているので未だに悩んでいます。私の家は、昔ながらのやり方で「お嫁に行くのであれば、結納や結婚式と、段階をきちんと踏んで嫁に出したい」と言っており私もその環境の中で育っているのでそれが当たり前として生きてきましたが、彼のご両親は「嫁にとるという考えは一切ないから結納も当然やる気はないし、私たちには関係ないから」の一言です。その中にお嫁に行くのかと思うと、どんなに彼との結婚を望んでも「本当にそれで納得するのか?」と躊躇ってしまいます。
実は、彼は長男で私は次女なのですが、私は元々「氏」を変えるということに抵抗があり、妥協に妥協を重ねて嫁に行くという決意をしたのに、彼の家がそのような状況で正直失望してしまいました。
このままでは「幸せ」にたどり着けるか大変不安であるため、私も夫婦別姓を選択できればと願っています。
「夫婦別姓」を選択できる日はいつか来るんですかね…?

Posted by: みぃ | January 16, 2012 at 12:31 AM

うーん。。それは悩みますね。
結婚ってずっと続きますし、生活や人生に大きく影響しますから迷いがあるなら無理に話を進めないほうがいいと思います。
誰かと一緒に人生を歩めると強い心の支えになったりしますが、逆にささいな違いがずっと重荷になったりします。もしかしたら結婚前の不安は結婚したらどうでもよく思えてしまうこともあります。こればかりは個人差あるのでどう転ぶかわかりません。
4月という期限にとらわれず、焦らず、よく相手や家族と話してみてくださいね。

今は法的には夫婦別姓は選択できませんが、通称使用や事実婚といった形で夫婦別姓を実践することはできます。みぃさんが自信を持って納得のいく結論を出せれば、幸せに大きく近づくのではないかと思いますよ。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | January 16, 2012 at 12:52 AM

 初めまして。なるみやと申します。最初のうちは、事実婚をして
いましたが、不妊治療助成金申請と家族手当の為、夫が改姓して、
法律婚しました。私に経済力があれば、しなくてもよかったのにと
思います。夫の父は、夫の改姓に最初から猛反対でした。夫が改姓
しても、戸籍を見なければ、判らないので、今もずっと内緒にして
います。夫はずっと改姓に拘りがありませんでしたが、手続きが
面倒くさい時は、八つ当たりをして来ます。年賀状にも、どう二人の
苗字を書こうかと随分悩みました。二人の苗字を書くと、勝手に夫の
苗字で送って来る人もいるだろうと思ったからです。実際、そんな
人もいたようです。結婚当初は、通称使用していたのに、今では
すっかり考えを変え、夫の改姓に対して、「せっかく男の子が生まれた
のに、反対されなかったの?」と言うようになった友人もいます。
早く法制化されることを望んでいます。

Posted by: なるみや | January 20, 2012 at 11:35 PM

 みぃさんは、彼の氏を名乗るのですか?通称使用はしないのですか?

Posted by: なるみや | January 20, 2012 at 11:38 PM

なるみやさん
不妊治療は事実婚の壁でもありますね。お医者さんから婚姻届を出すように促されてそれがストレスになったという話も聞いたことがあります(週刊誌だったか?)。
改姓はどちらがやってもストレスです。どちらも変わることがなければストレスが減るのに。本当に法制化が待ち遠しいです。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | February 01, 2012 at 09:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/53677809

Listed below are links to weblogs that reference 法律婚で改氏申請:

« 8月3日緊急院内集会 | Main | 「陳述します」の中身公開 »