« 夫婦別姓の選択肢求めて提訴 | Main | 夫婦別姓訴訟は5月25日 »

February 15, 2011

ついに提訴

 夫婦別姓に関する訴訟がついに提訴となりました。

○朝日新聞 「夫婦別姓認めぬ民法は憲法違反」と提訴 事実婚夫婦ら

○時事通信 夫婦別姓求め初提訴=「民法規定は違憲」-東京地裁

○毎日新聞 違憲訴訟:夫婦別姓巡り3都府県の5人、国家賠償求め提訴

○読売新聞 夫婦別姓巡り初の違憲訴訟、男女5人提訴

○共同通信 夫婦別姓求め男女5人が初の提訴「政治には期待できない」

○TBS 夫婦別姓求め、男女5人が「初提訴」

○AFP 「夫婦別姓認めないのは憲法違反」、男女5人が東京地裁に提訴

○KNB 「夫婦別姓訴訟」

○テレビ朝日 「夫婦同姓は憲法違反」富山市の女性らが提訴

○MBS なぜ願う? 『夫婦別姓』めぐり全国初訴訟へ

○AP Japanese women fight to keep their surnames

 ニュースは発見次第追記していきます。サイトによってはURL変更、または消失もありえますのでご了承ください。

 

|

« 夫婦別姓の選択肢求めて提訴 | Main | 夫婦別姓訴訟は5月25日 »

Comments

いろいろ読んでいるうちに明け方になってしまいました。
もうご案内とは思いましたが、この訴訟について、
「別姓訴訟を支える会」のHPができていますね。

さて、前回のエントリーのコメントで、750条の規定が
形式的には中立だから心配だとおっしゃる方がいらっしゃった
と思います。

今回の訴訟では、国際法も持ち込むようで、東京地裁なら
わかってくれるのではないか?と淡い期待を持っています。

というのも、一見中立な規定であっても、それを適用すると
一方に不利益になる場合には、間接差別として許されないのです。
そのために、性差別撤廃条約違反も含めて主張するのだな、
と思いました。
(750条は形式的には性中立な規定ですが、適用すると、
96.x%は女性が氏を変更しているわけで、これは間接差別
といえると思います。)

日本は批准国ですから、本来、批准と同時に国内法的効力も持つ
はずなのですけどね。守られていないのが実情ですから。

おそらく手弁当の弁護団だと思いますが、12名も名を連ねている
のを見ると、勇気付けられます。今度こそ!って思います。

今後とも注目したいです。またブログも訪問させていただきます。

Posted by: sigh | February 15, 2011 04:32 AM

2011年2月14日、ついに訴状が提出されましたね!
「バレンタインデーに、本当の家族愛とは何かを問う訴状が出されたのか。」とか、「大石内蔵助の討ち入りの日にも雪が降っていたんだなぁ。」とか、昨晩はそんな訳の分からん感慨に勝手にふけっておりました(原告団の皆様、すみません・・・)。

管理人様をはじめ、ここにいらっしゃる多くの方は既にご存知かもしれませんが(あ、既にコメントされてる・・・)、民法改正ネットワークさんが、この度の訴訟の原告団を「支える会」を設立されました(URLリンクが上手く貼れないようですので、「別姓訴訟を支える会」で、検索してみて下さい)。
こちらでアナウンスが無かったようでしたので、横からで恐縮ですが、紹介させて頂きます。

賛成派代表チームのオフィシャルサポータークラブ、みたいなもの、と、これまた勝手に私は解釈しています。年会費3000円で、代表チームの活動状況等をメールで知らせてくれるとのことで、私も先日、会員にならせて頂きました。
(昨日の提訴報告会にも御招待頂いていたのですが、仕事で行けず、残念でした。)

ともかく、我が代表チームの皆さんには、是非是非、頑張って頂きたい。私は微力ながら精一杯応援させて頂きます、と、今、そんな心境です。

Posted by: 別姓お父さん | February 15, 2011 12:26 PM

このたび結婚することになりまして、、戸籍を変えることになりました。夫婦別姓が可能になってからじゃないと結婚したくないと考えていましたが妊娠できてしまい婚姻届を出す形となりました。愛する人と結婚し子ができた喜びはいっぱいですが、氏が変わることへの抵抗は強く婚姻届を書くのも出すのも負の感情を捨てれませんでした。周囲にもあまり同じ感覚を持つ人は少なく、本当にいやになります。夫婦別姓の実現に向けて、どうか頑張ってほしいです!!心から応援します。

Posted by: よねくら | March 30, 2012 02:34 PM

>よねくらさん
まずはご結婚おめでとうございます。
複雑な心境とは思いますが、不幸より幸せのほうに目を向けるようにしてくださいね。ただ法律は変わったほうがいいと思うので、あきらめないのも大事です。余裕があれば根気強く「なぜ困るのか」を周囲に説明していくと、じわじわと成立への追い風になります。

待つ身としては、法改正が成立しないため、こうして次々と新しく結婚する人たちが困った状況になるのが心苦しいです。不幸を増やす立法不作為、どうにか動いてほしいですね。

#ところで、sighさんと別姓お父さんにお返事書いてなかったんですね(^^;すみません。いまさらですが、引き続きあきらめずに頑張りましょう(滝汗

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | March 30, 2012 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ついに提訴:

« 夫婦別姓の選択肢求めて提訴 | Main | 夫婦別姓訴訟は5月25日 »