« 国会が終わってしまいました | Main | 毎日社説と朝日記事 »

July 04, 2010

戸籍についての誤解

 いままで何度も取りあげていますが、もう一度。夫婦別姓資料館の「戸籍」もあわせてどうぞ。

 選択的夫婦別氏制度に反対する理由として「氏は個人のものではない」という解釈があるようです。その根拠として「戸籍を見るとよくわかりますが、筆頭者のみが氏と名で書かれており、その他の家族は続き柄と名しか書かれていません」と述べる人もいます。

 そういう人ほどちゃんと戸籍を見ていないんですよね。

 おそらく上記のような方は戸籍とは以下のように書かれていると想像しているのではないでしょうか。筆頭者を山田太郎、家族に花子、次郎がいたとします。

本籍地

山田太郎

太郎についての記載

花子

花子についての記載

次郎

次郎についての記載

 「○○についての記載」というのは、誕生日や父母などです。もちろん続柄も入ります。ただし住民票と勘違いしてはいけません。住民票の続柄は世帯主との相対的な続柄になっており、世帯主は「世帯主」となります。戸籍では1組の夫婦とその間の氏を同じくする子(養子縁組や婚姻などがあれば除籍)が記載されているので、続柄は「夫」または「妻」または「子」のたぐい、「筆頭者」という続柄はありませんし、戸籍に1人しか記載されていなければ続柄欄は特にありません。

 何が間違っているか。正解はこちらです。

本籍地

山田太郎

太郎

太郎についての記載

花子

花子についての記載

次郎

次郎についての記載

 違いが分かりますか?「筆頭者」というのは本籍地と並べて記載され、本籍地と合わせて「戸籍の表示」と言います。「戸籍の表示」とは戸籍の目次、インデックス、文書の固有番号みたいなものです。昔は紙に手書きで処理していたので、コンピュータのようなユニークIDを割り振るなんてことはせず、人間にとって分かりやすい・覚えやすいような住所や氏名といった文字列を組み合わせて文書を識別していたわけです。

 そして決定的な誤解が「筆頭者のみ氏名が書かれていて、残りの家族は続柄と名しか書かれていない」という部分です。筆頭者欄には氏名が書かれています。しかし個人情報が記載されている部分には、筆頭者ですら名しか書かれていないということです。

 繰り返しますが、「戸籍をみればわかる」という人ほど戸籍をちゃんと見てないのですよね。自分の想像で新しい戸籍のフォーマットを作っていらっしゃる。

 それに戸籍法13条には以下のようにあります。

戸籍法第13条【戸籍の記載事項】

戸籍には、本籍の外、戸籍内の各人について、左の事項を記載しなければならない。

1.氏名

2.出生の年月日

3.戸籍に入つた原因及び年月日

 戸籍内の各人、それぞれの人、つまり全員について、くどいですが「筆頭者だけ」ではなく、氏名を記載しなくてはならないとあります。氏名ですよ。「名だけ」じゃありません。

 そうなると実際の戸籍には「全員“名”しか書いてないじゃないか」と言いたくなりますが、筆頭者欄にある「氏」をもって全員分代表して書いたことにしているのでしょう。そこは待つ身としては大いにつっこみたいところですが、紙に手書きで処理していた時代を考えると、条文通り各人について記載していたら作業量が増えますし、間違いが生じるというリスクもあります。特に戦後、戸籍を移行した時には紙も人員も足りなかったそうですし、うっかり記載ミスがあれば戸籍内で複数の氏が混在することになってしまいます。そうしたリスクを避けるには昔のフォーマットが確実な方法だったのだと理解しています。

 というわけで、戸籍法13条を見てもおわかりのように、戸籍には各人について氏名を記載するということは、各人ごとに氏名があるということです。氏とは筆頭者のみに与えられたものではなく、家に割り振られたものでもありません。

 誤解なきよう。

|

« 国会が終わってしまいました | Main | 毎日社説と朝日記事 »

Comments

たぶん「家族内で違う氏だなんておかしい」との素朴な感情の言い換えに過ぎなくて、法律がどうなってるかとか、そんなに念頭にはないかと。

実際にはいろんなケースで氏が異なっても家族(国際結婚とか連れ子とか事実婚とか)であるわけで、戸籍の編成だけ潔癖に同氏にこだわるのが何の役に立ってるのか疑問に思いますね。それが法律婚出来るかできないかに絡むとなればなおさら不合理感があります。
そういう感覚を共有してもらう前に頭ごなしに反対するのが前述の人たちですね。

ちなみに旧戸籍法でも、第十八条の一「戸主、前戸主及ヒ家族ノ氏名」とはありますね。
大きく違うのは、家・戸主・家族などは今の法律では廃止され、夫婦・氏を同じくする子という定義に変わってますけどね。

Posted by: youleeca | July 04, 2010 at 01:38 PM

>youleecaさん

そうですね。ちゃんと法律を見ていたら、こういう誤解もないですよね。
どうも反対する方々は旧戸籍法や戸主制度と現行制度の違いがいまいち分かっていないような。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | July 05, 2010 at 11:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/48793801

Listed below are links to weblogs that reference 戸籍についての誤解:

« 国会が終わってしまいました | Main | 毎日社説と朝日記事 »