« 芸名と別姓 | Main | 20代シングルの意識 »

April 13, 2006

リアリティーの差

 夫婦別姓に対する概念の格差というものは、流動的ではあるけれど、激しく拒絶する人はいぜんとしていることはなんとなく感じています。

 そうした若い男性の感覚については、私の夫はある程度の理解はあるようです。

「まあ結婚が現実問題でなければ、男性なら夫婦別姓に興味を示すこともないだろうし、ましてや賛成する人が少ないのも無理はない」

 ただし、

「目の前に女性がいれば違うんだよ」

 だそうです。付き合いたい(または結婚したい)と思う女性がいて、その女性が別姓にしたいとか、改姓は困るという事情が浮上すると、そこでようやく男性は考えるようになると。彼女との(良好な)関係をとるか、自分の意向を通すか。

「けっきょく身近に女性がいるかどうか(ニヤリ)、そうした女性の存在を知るかどうかの差だな」

 ただしもし相手の女性が改姓することを希望すれば衝突は発生しませんけどね。もし結婚なり交際なりすれば利害や価値観の衝突が発生するのは避けられず、そこを調整できるかどうかが関係の構築および維持に大事なことではないかななんて思います。

|

« 芸名と別姓 | Main | 20代シングルの意識 »

Comments

そうなんですよね。
大方の男性にとってはリアリティのない話なんですよね。
現実にパートナーが別姓を望んでも、いままで考えたことがないし自分のこととして考えられないから。
簡単に「何言ってるんだ」と切り捨てようとするか、「別にどっちでもいいよ」と言いながら、あとで「やっぱり変だよ」とか言い出すんです…。
男性に限らないんですけど。私にとってははっきり「反対!」と言う人よりも、本人は理解してくれているつもりで「名前なんてどうでもいいじゃない」とフォロー(?)する女性の友人の言動がショックでした。どうでもよかったらこだわらないんですけど~。

Posted by: かたつむり | April 14, 2006 12:01 AM

あはは。そのパートナーの挙動の揺れが面白いですね。
どっちでもいいんでしょ、撤回しちゃダメよ、なんてね。

「どうでもいいじゃない」という人は、その人にとって他人の氏なんて「どうでもいいじゃない」、なんですよね。

「でも私にとって自分の名前はどうでもいいとは思えないの」

と言えば分かってくれるかしら。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | April 14, 2006 10:52 AM

私のブログにお越しいただき、ありがとうございました。
少子化問題もそうですが、当事者にならないと分からないことなんでしょうね。
男性が、「結婚したら姓はどうしよう」と自分から考えることも少ないでしょうし。

私も言われましたねぇ、「苗字なんてどうでもいいじゃん、ただの記号なんだから」と。そういってしまえばその通りなんですが・・・

Posted by: miki_renge | April 15, 2006 08:26 AM

コメントありがとうございます。
「苗字なんてどうでもいいじゃん」という人は特に深い考えはないようですから、あれこれ言っても不毛なんですよね。

それに「どうでもいい」なら自分が改姓することも「どうでもいい」はずですから。その人に改姓してもらえば解決するはず。しかし実際、男性だと改姓には拒絶反応を示すんですよね。

・・・ってことは「どうでもいい」は間違い、ということになるんですけどね(苦笑。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | April 15, 2006 12:15 PM

ごぶさたですが相変わらず法律婚から事実婚切り替えのためのパートナー説得ができないわんです。
なるほどーっと思ってしまいました。
>付き合いたい(または結婚したい)と思う女性がいて
ここが大事なんですね。
要は結婚してしまうとそれを覆すのはもっと大変・・・。うちの場合はそれを感じます。
結婚する前に別姓の話をしておけばよかったー。

大部分の人たちはこのような局面に出会わないわけで、リアリティがないと思います。
だから賛成でも反対でもない人が多いわけで、そういう人たちをいかに賛成に取り込んでいくか、ということが世論を盛り上げるポイントなのかなぁと思う今日この頃です。

Posted by: わん | April 17, 2006 11:02 AM

苦労なさっているんですね。。。
でも「良好な結婚生活を継続したいと思う女性」だって含まれてもいいと思うのですけれどね。一度結婚してしまうと違うのかしら。

一度は改姓することに賛成したのに、「やっぱ別姓」と言われるとどこか不審に思うのかもしれません。そういう時は不都合のリアリティをどれだけ伝えられるかが大事だと思います。

私も当初は「通称でどうにかなる」と思いましたが、「通称じゃ、だめだ」と考え直すまでいろいろとぶち当たった壁を逐一夫に話していましたから。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | April 17, 2006 01:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リアリティーの差:

« 芸名と別姓 | Main | 20代シングルの意識 »