« いいじゃない | Main | 風化していく法律婚主義 »

March 05, 2006

離婚時の年金分割と晩婚化

 2007年4月から始まる離婚時の年金分割制度ですが、事実婚も対象になるそうです。厚生労働省がその方針を決めたとか。

日本経済新聞(2006年3月5日)
離婚時の年金分割、「事実婚」も対象・厚労省方針

あえて婚姻届を出さないという新しいライフスタイルにも対応する。(上記記事より)

 うーん。とはいっても、私は現時点ではとりあえず第3号被保険者ではないので対象外とは思うのですが、夫は不利益が減るという意味で「よかったじゃない」と。

 これまでも繰り返し言及していますが、現行法(というか自民党内の一部)は「法律婚は同氏」に固執しているので、こういう流れになるのも当然かなと思います。つまり夫婦として扱う対象を法律婚だけではなく事実婚へも拡大していくと。

 そうなると同氏にしたい人が法律婚を選び、それ以外が事実婚となるような。そのうち法律婚とは同氏婚、事実婚とは別氏婚、なんてことになったりして。

 ますます法律婚主義が形骸(けいがい)化していきそうですね。これについては私はあまりこだわりません。政策の問題なので。個人や夫婦としては、実利のある方を選ぶと思います。

 ついでですが、昨日は晩婚化を示すニュースがいくつかありました。そのなかで「できちゃった婚」の割合の高さが目をひきます。

読売新聞(2006年3月4日)
第2次ベビーブーム世代、約半数が30歳で出産なし

朝日新聞(2006年3月4日)
「団塊ジュニア」の半数、30歳で未出産

一方、いわゆる「できちゃった婚」など、結婚前に妊娠したケースは、04年に生まれた第1子のうち26.7%を占め、80年の12.6%から大幅に増え、00年の26.3%から微増した。 (上記朝日新聞記事より)

 2004年に生まれた第一子の1/4のケースが妊娠が発覚してから婚姻届を出したことになっています。とはいえ、「できちゃった婚」という言葉のイメージにあるように無計画とか、既成事実が発覚して仕方なくとかそういう風潮が広まっているとは思えません。

 この件については当事者としての意見は言えませんが、こちら「聞かれる前に言っておこう」が的確に表現していると思います。これまで「夫婦別姓」に言及したブログをいろいろと見てきましたが、かなり心に響き、感動しました。いろんな意味で。

 個人的な感想はさておき、やはり日本では婚内子を選びたがる傾向は否めません(婚外子でも意外とどうにかなるようですけどね)。しかし現行法では婚姻届を出すといろいろと厄介だったり精神的な抵抗もあり、妊娠を契機に婚姻届を出すというケースが多いようです。

 できちゃった婚が1/4も占めるという理由はここにあるのではないかと感じています。また、現実に法律がまったく追いついていけていないことが問題であり、いつまで放置しておくのだろうかともどかしく感じます。

|

« いいじゃない | Main | 風化していく法律婚主義 »

Comments

はじめまして。
私も日経の記事を読みました。
疑問に思うのですが、離婚成立しないまま別の人と事実婚の生活を長らくしている人の場合は、ややこしくなると思いませんか。
年金按分の発想は、公平で判りやすくあるべきなのに、戸籍上の妻と内縁の妻が年金をめぐって争うことになるのでは?と思ってしまいました。
事実婚の人は、あえて事実婚を選択しているのだから、ここであやふやに恩恵を与えるようにしないで、本筋である別姓の法律婚を認め、法律婚をするとこんな特典がありますよ、という形にもっていくのがシンプルだと思うのですけれど。
仕事は旧姓でやっている案山子です。

Posted by: 街中の案山子 | March 14, 2006 at 05:02 PM

そうなんですよね。事実婚の場合は書類が少ないので、どう証明するのかややこしくなりそうですよね。住民票の「妻(未届)」でいいのでしょうか。

確かに法律婚に別姓も含めるようにすることが本来の解決策だとは思いますが、なにせ、自民党内がナニでアレですから。民法改正となると全く立法が機能しないというか、議論にならないというか。
それで業を煮やして事実婚も法律婚並みに扱うということになってしまうのでしょうね。

ちなみに「妻(未届)」で扶養の場合、健康保険証ではなぜか(未届)が省略されて「妻」と表記されるんですよね。ご存じでしたか?もちろん、氏名は妻の氏名で。
厚生労働省は事実婚も法律婚並に扱うことには寛容みたいですね。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | March 15, 2006 at 11:17 AM

あ、あと、離婚成立する前に事実婚、というのはあり得ないかも。
なぜなら法的な配偶者がいると事実婚にはならないからです。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | March 15, 2006 at 11:19 AM

内縁の妻に遺族年金の受給権を認めた最高裁判決があるので、
年金分割でも戸籍上の妻と内縁の妻が争う可能性はあると思います。
http://www.houmu-center.biz/souzoku/topic1.htm

Posted by: ほし | March 15, 2006 at 06:01 PM

情報提供、ありがとうございます。
なるほどとは思いますが、戸籍上の妻がいる状態では分割する前に扶養の妻(3号?)として認められるのかなというところが私は疑問です。どういう指針にするのでしょうね。
うーん。(該当者ではないこともあり)分からない。。。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | March 15, 2006 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/8951070

Listed below are links to weblogs that reference 離婚時の年金分割と晩婚化:

« いいじゃない | Main | 風化していく法律婚主義 »