« ブログで拾った夫婦別姓の声(14) | Main | デフォルトがバラバラ »

June 29, 2005

総務会で多数決

 おやおや。ついに郵政民営化法案が総務会で了承されたそうです。それにしても総務会で多数決をしたのは初めてなんですって。

 昨日18時48分、携帯電話に時事の速報メールが届きました。多数決で了承されたこと、さらには同法案の党議拘束が確認されたことです。自民党の慣習からすると、最初のステップである部会は法案の事前審査の場で、誰でも参加可能で徹底的に議論し合います。ここで全会一致となるまでは次のステップへ進めません(その仕組みにより夫婦別姓も次のステップへ進めていないわけです)。

 しかし全会一致なんてどんな議案でも無理があります。そのため、推進側の議員は反対する議員を部会に参加しないように説得するのが通常です。もし通常通りに全会一致か部会長に一任して「議論はしつくした」となれば、政務調査会、総務会へと進みます。こちらは多数決することなく、普通は了承するだけです(夫婦別姓についてはどんなに反対派を説得しても次から次へと法務部会に反対派がやってきて、結局「意見が集約できなかった」とされるばかりです)。

 今回の郵政民営化ではどうもそれができませんでした。収集がつかないまま、次のステップへと進んでしまったわけです。それで通常は了承するだけの総務会が多数決なんてことになってしまったようです。ちなみに総務会とは党役員表で公表されたメンバーであり、このメンバーの発言はしばしば「自民党幹部」と称されることもあります。だからといって「幹部=総務会の誰か」とは言い切れないのが難しいところです。

 さて。通常なら部会を通過すればあとはベルトコンベアのように進むのが慣習ですが、無理に部会を通せば総務会で多数決なんてこともあり得るようです。夫婦別姓の法案がもし法務部会を通過したら、こういうことが起こりうることも覚悟しなくてはなりません。なにせ反対の議員の熱意は並大抵ではありません。夫婦別姓が法制化したら「日本は、家庭は崩壊する」と心の底から信じているようですから。

 郵政民営化法案の方はとりあえず総務会も通過し、後は党3役からハンコをもらって衆議院の議院運営委員会などに提出してうんぬんと進めることになります。党議拘束がかかることになりましたから、自民党議員であれば賛成しなくてはなりません。もし採決で反対や欠席したらそれなりのおとがめを受けることになります。しかし現時点では何人かの議員は採決に反対すると明言しています。

 夫婦別姓ならどうでしょうか。同じく党議拘束がかかったとしても、採決で反対する議員は出るかもしれません。しかし家裁案を野党がどう対応するかは微妙ですが、基本的に自民党以外の党は党を挙げて民法改正に賛成です。自民党でかなりの造反が出ない限り、通過するだろうと言われています。もし党議拘束がかからなかったとしても、採決へ持ち込めば通過する可能性は高いと言われています。

 しかしみんなはどう思うのかなとふと疑問に感じます。確かに早く採決してもらいたいとは思いますが、党議拘束がなければ採決はブラックボックスです。「もし可決されなかったら」と考えると私は結果が出るまで気が気でいられなくなるかもしれません。でも他の人はどう思うでしょうか。党議拘束(党から賛成を命令された状態)がなくても採決に踏み切ってもらいたいか、それとも党議拘束がかかるまで慎重に調整を続けてもらいたいか。どちらの希望が多いのかなとふと思います。ただここでそんな心配しても現状は法務部会さえ開催されないという悲惨な状態なので不毛な空想ですけど。

 余談ながら先日クールビズで話した中川大臣のファッションですが、まるで同じファッションを見つけました。これです。こんなスタイルをしていました。これもクールビズでしょうか。あらためて「そうか、ヒロシになりたかったのか」と気付きました。「夫婦別姓は阻止しないといかんとです」とか。あれ、中川大臣は北海道選出だったような。:P

|

« ブログで拾った夫婦別姓の声(14) | Main | デフォルトがバラバラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/4757229

Listed below are links to weblogs that reference 総務会で多数決:

» 事実婚だと住宅ローンが組めない? [■欲張りな三十路ライフスタイル■負け犬・オニババに挑む!]
今日、職場の同僚Aちゃん(彼女は2年前から事実婚している・・・)が、 「私の実家の土地に、家を建てようと思っているんだけど・・・銀行に、 『お宅の場合は、事実婚で籍が入ってないから、共有名義でローンが組めません』って言われたんだー。」 と、話してきた。 え?これってどういうこと?? Aちゃんは、こんなことでマイホームをあきらめるのは嫌だからと、 不本意ではあるが、籍を入れることを真剣に考えているという。 私は、今、相方とマンションを共有名義で購入することも、一案として検討中..... [Read More]

Tracked on June 30, 2005 at 07:29 PM

» 恐怖政治でいいのか? 自爆テロ解散の分析 [虎視牛歩]
恫喝・脅迫による自民党内の恐怖政治、デタラメ解散、やけくそ解散(亀井静香)、八つ当たり解散(福島瑞穂)意味不明解散(加藤紘一)の紆余曲折から小泉首相の本性を探る [Read More]

Tracked on August 10, 2005 at 05:46 PM

« ブログで拾った夫婦別姓の声(14) | Main | デフォルトがバラバラ »