« November 2004 | Main | January 2005 »

December 30, 2004

ブログで拾った夫婦別姓の声(6)

 今年最後のこの企画です。来年からは日時に年を加えないと、と思いました。これまでのはこちらの下をどうぞ。

Continue reading "ブログで拾った夫婦別姓の声(6) "

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 29, 2004

美しく儚い内縁の妻、ハモン

 私はあまりガンダムには詳しくないのですが、職場や家族にはガンダム好きの男性が多くいます。前にガンダムの登場人物で内縁の妻がいると耳にしました。

Continue reading "美しく儚い内縁の妻、ハモン"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 27, 2004

年賀状ソフトで連名を使うには

 昨日のエントリで宛先や差出人で連名について触れました。うちで使った筆王(実は2年前のライト版)を例に年賀状ソフトでの操作方法を簡単に紹介します。他でもほぼ同様のはずです。

Continue reading "年賀状ソフトで連名を使うには"

| | Comments (10) | TrackBack (1)

December 26, 2004

今年の年賀状内訳

 うちではクリスマスが終わると年賀状を作り始めます。先ほど年賀状をポストに投函したところです。

Continue reading "今年の年賀状内訳"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 25, 2004

「ご本人のカードしか使えません」

 何度言っても分からない人には分かってもらえないのですが、通称を使うとほうぼうで名前の混乱が発生します。

Continue reading "「ご本人のカードしか使えません」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 24, 2004

伝統で見習うべきはサバイバル術

 先日歌舞伎のチケットをもらったので、義母と観に行きました。歌舞伎はまだ2回目ですが、そんな私にも楽しめるように工夫が凝らされていることに感心しています。

Continue reading "伝統で見習うべきはサバイバル術"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2004

法学検定4級ゲット

 私は法律家でもなく、法学部でもありません。でも夫婦別姓という法律問題に直面し、初心者なりに理解しようと努めてきました。付け焼き刃な理論では信憑性に欠け、火傷もしますから。これで超初心者から一歩脱却しました。

Continue reading "法学検定4級ゲット"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 20, 2004

群舞に見る自律と調和

 週末は親しみのあるダンス発表会に行きました。発表会だというのに出演者が総勢100名超。そのパワーに圧倒されショック死寸前でした(ウソ)。

Continue reading "群舞に見る自律と調和"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2004

「子どもの氏はどうするのか」(後)

 昨日の続きです。民法改正案に記載されていることを示しても釈然としない人には、何を懸念しているのか斟酌していかなくてはなりません。ここからはもう法律のお話ではなくなります。

Continue reading "「子どもの氏はどうするのか」(後)"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 17, 2004

「子どもの氏はどうするのか」(前)

 これもよく見かけます。しかしこの質問の意図は多様で時には多くの含みがあります。それぞれ本当に知りたいことは何か、注意深く汲み取らないと話がかみあいません。時には民法の外に解決策があるものもあるようです。

Continue reading "「子どもの氏はどうするのか」(前)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2004

ブログで拾った夫婦別姓の声(5)

 またまた懲りずに第五弾です。これまでのはこちらです。

Continue reading "ブログで拾った夫婦別姓の声(5)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 15, 2004

私の不都合回避法

 結婚して4年、夫婦別姓の法制化を待ち3年。法律が変わらないなら、せめて巧みに回避して不毛なストレスを軽減させたほうが賢明と判断しました。事実婚へ移行するために離婚する前にいろいろ思案しました。

Continue reading "私の不都合回避法"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2004

最近の賛否両論

 関西限定「テレビタックル」というところでしょうか。「たかじんの そこまで言って委員会」という番組では12日に山本(高市)早苗氏も出演して夫婦別姓も話題になったようです。

Continue reading "最近の賛否両論"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

December 13, 2004

ケータイからも読めます

 実はこのブログ、ケータイからも読めるんです。

Continue reading "ケータイからも読めます"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2004

通称使用案は実在するのか

 楽しくフラフープで遊んでばかりもいられません(笑)。通称使用についての続きです。

Continue reading "通称使用案は実在するのか"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 10, 2004

義母の前でフラフープを回す嫁

 夫婦別姓問題に直面していても、していなくても、姑との軋轢に悩む妻は多いようです。しかし幸運なことに私はその点ではとても恵まれています。今日は少し微笑ましい(?)話です。

Continue reading "義母の前でフラフープを回す嫁"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 09, 2004

通称使用という発想の無謀さ

 素朴な疑問として「通称ではだめなの?」程度ならまだいいのですが、現状を知ろうともせず「通称でいいはずだから、夫婦別姓は必要ない」と信念をもって阻止する人もいます。なのに中身は法律的に問題を抱えていたり、詳細が曖昧だったり、少し軽率ではないのかなとも思います。

Continue reading "通称使用という発想の無謀さ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2004

警察白書

 警察白書に夫婦別姓の文字が並んだことがあります。夫婦別姓問題は公安の維持と関係したこともあるようです。

Continue reading "警察白書"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 07, 2004

やるせなさ

 野田聖子氏が今月初めに「私は、産みたい」(野田聖子著 新潮社)を出版しました。同氏の3年にも及ぶ不妊治療の体験を克明に綴った本です。私はその本の主旨と違う部分で、やるせなさを感じずにはいられないのです。

Continue reading "やるせなさ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 06, 2004

今年1月から3月まで

 今年1月から3月まで少し振り返ります。期間としては短いですが、実質的には今年発生した夫婦別姓法制化への抵抗はこの期間に限られると思います。

Continue reading "今年1月から3月まで"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 04, 2004

それでも賛成は劣勢

 どのブログを読んでも賛成の声を多く目にします。メディアでも一部を除き賛成が多いです。だから賛成は多数派で「きっと後もう少し」と思えてしまいますよね。いや、でも私にはそう思えないのです。賛成は明らかに劣勢です。少なくとも自民党では。

Continue reading "それでも賛成は劣勢"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 02, 2004

ブログで拾った夫婦別姓の声(4)

 同名企画の第4弾です。これまでの分はこちらをどうぞ。今回もまた多様な方面から実直な感想が聞こえてきます。

Continue reading "ブログで拾った夫婦別姓の声(4)"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

【転載】夫婦別姓集会の開催

 夫婦別姓についてのメールマガジン「V e r b~ふつうの人たちのための夫婦別姓メールマガジン」にて、集会の案内がありました。

Continue reading "【転載】夫婦別姓集会の開催"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2004

家族制度撤廃論議をさらりと

 かなり根の深い問題ですが、戦後の家族制度廃止論争についてさらりと触れた書籍があります。

Continue reading "家族制度撤廃論議をさらりと"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« November 2004 | Main | January 2005 »