« 免許更新で離再婚は不要 | Main | 悩ましい表記 »

September 08, 2004

このままでいくと

 常々思うのですが、夫婦別姓の法制化が阻まれても、必要性が減ることはありません。むしろますます必要性は高まるのに、婚姻時の選択肢が不十分なあまりにより多くの不都合を生じさせてきています。そうした無理は徐々に社会に歪みを与えていくと思えるのです。

 本来は正式な結婚とは婚姻届で成立しますが、婚姻前の氏を必要とすることから、住民票の未届で実質的な不便を解消する夫婦が増えてきています。最近では扶養や住居選定、または保険やローンまで住民票の「妻(未届)」で事足りることが分かってきました。住民票が事実上の結婚証明書的な役割を持ちつつあります。

 もちろん未届にも限界がありますが事情が変われば、気軽に婚姻届や離婚届を出せばいいわけです。私も事情が変われば婚姻届を出せる準備はしてあります。夫婦の合意があり不当な利益などを目的とした悪意もなければ、届を何度出そうとも自由です。戸籍に事実上の婚姻関係が示されなくなることは、戸籍が本来持つ機能が薄れて有名無実化していくことになるのでしょう。問題なのはアクロバット的な書類運用よりも、その原因である非寛容的で柔軟性のない制度であるはずです。

 あと未届夫婦の増加です。未届は婚姻直前の短期間での適用が想定されていて立場も機能も不十分でありながら、便利なのでそこで落ち着いてしまう夫婦も増えてくることでしょう。未届は隠れた事実婚の避難所のようなものなのに、法制化待ちが長引くほど未届が増えて、図らずも落としどころのようになってくるような気がします。

 いいのでしょうかね。なんか腑に落ちませんけど。

|

« 免許更新で離再婚は不要 | Main | 悩ましい表記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference このままでいくと:

» かなぶん完全復活 [ゆうゆの今日はどんなパン焼いた?]
かなぶんのお腹の調子はどうやら元に戻ったようだ。朝気持ち悪いと言っていたので、心配したが、夕方お通じがあったようで、それですっきりしたみたい。 昨日、戸籍名以外... [Read More]

Tracked on September 10, 2004 11:46 PM

« 免許更新で離再婚は不要 | Main | 悩ましい表記 »