« 山本早苗さんになったそうです | Main | デザイン変えました »

September 25, 2004

夫婦別姓ではないと言われても

 元衆議員高市早苗氏がご結婚なさったのは現職衆議員で同じ森派の山本拓さん。誰かと1文字違いで驚きました。…なんてことはいいとして、高市氏のWebサイトにある大和の国からというコラムには9月23日付で結婚の報告と、毎日新聞社に抗議します。夫婦別姓ではありませんが掲載されています。

 そんなこといわれても。Webサイトには堂々と「高市早苗」のままで、山本拓氏とご結婚なさったのに。どうみても表面的には夫婦別姓なのですが。

 高市氏は通称で旧姓を名乗るのは夫婦別姓ではないと考えているようです。確かに本来の夫婦別姓とは本名での話ですが、呼称のみの夫婦別姓もあると私は考えています。実際に通称で夫婦別姓を実践する人も大勢いますし。

 それに高市案とは、まさに現状の高市氏のように通称の範囲内で夫婦別姓を実現する人に対して便宜を図るための法案だったと理解しています。夫婦別姓の政府案や野田案の対案でもありました。なのにそれを実践している自分は夫婦別姓ではないと公言されても、理解は得られにくいと思います。

 ちなみに今回のコラムには、高市案についての説明もありました。「家族のファミリーネームは残すべきである」という「頭の頭痛が痛い」並の表現と意図には大いに疑問がありますが、それは後日にしましょう。

 さて高市氏の婚姻後の氏ですが、本人は夫婦同姓を貫きたいとのことです。

「私は、通称使用を希望している人が便利になればいいなと思って法案を書いただけで自分自身は対外的にも『夫婦同姓』を希望しているんだよ。自らを実験台にして法案内容に追加すべき点を探せって言の?」(まま)

 法案は準備中だと聞いていましたが「書いた」とは、いいことを聞きました。本当なら、公開または引継をするべきです。今年の法務部会では高市氏不在のため、ある議員が通称使用案は「ぼくの心の中にある!」と無理な抗弁をしていました。せっかくの成果物は誰かに託して然るべき場で審議させるべきでしょう。

 それに高市案とは、通称使用を希望している人のためというよりは、夫婦別姓を希望している人の要望を根絶するためのものだったと理解しています。通称使用における不都合を解消し、民法改正の必要性を無くす目的があったのでは。しかし、通称使用での夫婦別姓には限界があるからこそ、民法改正を望む人がいることを無視されては困るのです。それに公的書類に通称を記載すれば、それはもう通称という性質は失われていきます。要望は満たせず、制度として意味不明だなんて、なにもいいことはありません。

そんなわけで、夫の説得ができぬままに結婚の公表となったので、「戸籍を入れ、同姓夫婦となったが、通称を使うかどうかは検討中」という現状になったのです。

 なんと。政治家なのに呼称未定だなんて致命的ではないですか。まずは対外的な呼称について夫婦で見解を一致させ、Webサイトはじめ政治活動上の呼称を統一なさるべきではないでしょうか。去年の総選挙後のコラムには「自分では「敗因」はどうでもよくなってしまっているのです」ともありますし、もう政治活動にはあまり興味がないのでしょうか。

 これまで「家族の一体感」を尊重しておきながら新婚早々別居というのも、本意なのだろうかと疑問です。法律や現状の理解やもろもろを見ましても、政治家以外の道を歩まれた方がお幸せになれるのではないかと思えてしまうのですけれど。

|

« 山本早苗さんになったそうです | Main | デザイン変えました »

Comments

追記です。
10月5日発売の週刊朝日「夫婦別姓反対論者、高市早苗結婚 やっぱり苗字で一悶着!?」を読みました。
高市(山本)氏は公私ともに夫婦同姓を希望との通り、各種名義変更を着々とすませ選挙ポスターも山本姓で依頼していたそうです。しかし夫に内緒だったため、待ったがかかったとか。自分が提案した法案を実践しないのは持論に反するのでは?という問いに対して高市(山本)氏はこう述べたそうです。

「自分の法案が通れば、そうだけど……。今はそうなっていないのだから、便利な戸籍名のほうを選択したいの」

戸籍名が便利なのは使い分けなくてすむからです。私は結婚後も同じ戸籍名であれば便利なのにと考えているのですけど。

Posted by: 夫婦別姓を待つ身 | October 06, 2004 12:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夫婦別姓ではないと言われても:

» 「氏」と「姓」とは違うもの(序章) [トールの雑記帳]
 夫婦別姓(選択)制について、本当は4回連載ぐらいを予定している内容の骨子を書い [Read More]

Tracked on September 28, 2004 04:13 PM

« 山本早苗さんになったそうです | Main | デザイン変えました »