« 「責任与党」の空虚な響き | Main | 通称では試験が受けられない »

July 18, 2004

通称では報酬は紙くずに・・・

 日本に住む私でも、海外から小切手をもらう機会があります。画面のどこかに見える広告収入や、仕事に対する報酬です。こうした支払いで小切手が使われることは海外とのやりとりでは珍しくありません。しかし、小切手に通称は使えません。よく「仕事で旧姓が使いたければ通称ではどうか」と提案されますが、会計処理に通称は使えないということをご理解いただきたいと思います。

 ついでですので、Googleの広告を例に取り、米ドル建ての小切手を換金するまでのプロセスを大雑把に説明します。現時点ではGoogle AdSenseの広告収入は契約者に対して100米ドルごとに支払われます。いま手元に100ドルの小切手が届いたとします。日本にいる私がどうしたらこの100ドル小切手を日本の紙幣にしてお財布に入れることができるでしょうか。

 まず、私は小切手を買い取ってくれる銀行に行かなくてはなりません。日本の銀行は小切手を発行したアメリカの銀行から100ドルをもらい、手数料を差し引いた残りの金額を私に渡します。もし私が日本の都銀に行けば手数料はおおよそ4,000円くらいと聞いています。いま為替レートは1ドル=109円くらいなので、100ドルは10,900円です。そこから4,000円も引かれたら、3分の1以上が手数料として消えます。

 そこで私ならシティバンクに行きます。小切手はアメリカのCitibankのものなので、日本のシティバンクなら手数料無料で処理してくれます。実際にシティバンクに小切手を持ち込むと、係員は小切手に書いてある受取人の名前と、私の身分証明書と、私の口座名義が同じことを確認します。照合がすむと、約2週間後には100ドルが私のマルチマネー口座に入ります。ちなみにマルチマネー口座というのは外貨を運用するための口座です。

 マルチマネー口座に入った100ドルは私の好きな時に日本円に換えて、普通預金口座に移せます。普通預金口座に入れば、好きな時に近所のATMから引き出せて、お財布に入るわけです。できれば円安の時に日本円に換えたいですよね。1ドル110円の時なら100ドルは11,000円、1ドル120円の時なら100ドルは12,000円です。

 ここで重要なのは、小切手の受取人名=銀行口座名義=身分証明書が全て同じでないと処理されないということです。処理されないということは、100ドルと書いてある小切手は紙くずになってしまいます。

 紙くずにならないためにも、小切手を発行してもらう前に受取人氏名には私の口座名義と身分証明書にある名前を伝えなくてはなりません。通称で仕事をしていると、名前にはとても気を遣います。名前を書くたびごとに金銭の授受に関係あるだろうか、身元確認に使うだろうか、と考えなくてはなりません。芸名やペンネームなど対外的に露出する名前なら通称で旧姓は使えます。でも会計処理や公的書類が関係すると本名にしなくてはなりません。仕事ではお金のやりとりは避けられず、旧姓だけで仕事をするのは不可能です。

 混乱を避けるためにも、私はビジネスで使う名前は1つにしたいと思います。ビジネスは信用や正確性、また不変であることも重要です。お金が絡む場面で名前を使い分けるなんて、不審な印象を与えかねません。海外では「結婚するには片方が名前を変えないとならない」という特殊な日本事情なんて知らない人がほとんどです。結婚改姓と説明すれば理解してもらえますが、いちいち説明する機会があるとは限りません。ちなみに現時点でGoogle AdSenseは結婚改姓であろうとも受取人氏名の変更は不可で、新規に契約し直さなくてはならないのです。

「名前を変えるのは困難である」とは、こうした不便の積み重ねです。婚姻前の名前を本名として使えないのなら、法律婚は諦めなくてはなりません。こうした理不尽な法律上の制約により、法律婚はますます敷居の高いものになりつつあります。結婚する2人が婚姻前の名字のまま結婚することがなぜ許されないのか、残念でなりません。

|

« 「責任与党」の空虚な響き | Main | 通称では試験が受けられない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 通称では報酬は紙くずに・・・:

» 夫婦別姓。そのいち。 [WEBサヨクの世迷言]
なんでウヨク、サヨクの話から夫婦別姓になるんだ? さて、世の中には夫婦別姓を待っている人がいる。理由は……よく分からない。 あ、いや。調べた調べた! 彼ら、彼女らの言うところによると、 『結婚によって苗字が変わることによる不利益』 というのが夫婦別姓を求める大きな理由らしい。 結婚もしていなければ就職もしていない私にゃぁその苦しみは分からない。 「分からないなら言うな」って、それは禁句ね。 分からないなりに考えた。 ・・・ ・・・・・・・・・ ・..... [Read More]

Tracked on August 31, 2005 03:17 PM

« 「責任与党」の空虚な響き | Main | 通称では試験が受けられない »