« April 2004 | Main | June 2004 »

May 29, 2004

漢字数文字を記憶するのも困難

 夫婦別姓への異論の一つに「夫婦で苗字が違うと周囲が困惑する。別々の苗字を覚えたり、住所録を管理するのが煩雑になる」と聞いたことがあります(それを丁寧に語った高市氏はこちら)。

Continue reading "漢字数文字を記憶するのも困難"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2004

そりゃあもう理不尽でした

 数ヶ月前は酷かったと振り返ることができるほど、時間が過ぎました。今年1月に毎日新聞で報じられてから、「今年こそは」という期待は今までにないほど高まっていました。あれから自民党推進議員らが最終的に断念するまで、期待と不安が入り交じったまま報道を注視していました。だからあの結果には、正直言って、悔しかったです。

Continue reading "そりゃあもう理不尽でした"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2004

なぜ法改正が進まないのか

 最近トラックバックをして下さった方のブログで「法律改正が進まない理由がわからない」と疑問を呈してるのを見ました。

Continue reading "なぜ法改正が進まないのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2004

常識の変遷

 家族についての常識、つまり共通認識は多様化という意味で変化はするけれど、正否が変わるということではないと思っています。

Continue reading "常識の変遷"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 20, 2004

ビミョーな違い

 駅ビルのパウダールームに入ったら、女子高生らが身だしなみを整えながら歓談していました。髪の毛をとかしながら「ねえ、ちょっと。私、恋がしたいんだけど」。

Continue reading "ビミョーな違い"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2004

英訳できる?「夫婦別姓」(続)

 前回の続きです。

Continue reading "英訳できる?「夫婦別姓」(続)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

英訳できる?「夫婦別姓」

 夫婦別姓を的確に示せる英語表現がないので、外人と話す時に苦労します。そもそも、欧米では夫婦が同姓だろうが別姓だろうがあまり問題になることはないのです。夫婦別姓という概念がないから表現も必要性が生じません。夫婦別姓は英語でなんて言えばいいのでしょうか。

Continue reading "英訳できる?「夫婦別姓」"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 13, 2004

欧米でfamily nameは死語か

 日本語でも苗字、姓、氏と多様な表現があるように、英語でもlast name、family name、surnameなどがあります。これらのどれが最もよく使われるのかと、ふと近くのカナダ人に聞いてみました。答えは「none」。どれでもない、そうです。

Continue reading "欧米でfamily nameは死語か"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2004

家族と個人のバランス

 憲法記念日である5月3日に読売新聞紙上で憲法改正試案が掲載されました。そこには夫婦別姓に影響を与えそうな「家族条項を設ける」との提案があります。個人的にはほぼ良しなのですが、正直なところ両側の極端な曲解が心配で複雑です。

Continue reading "家族と個人のバランス"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2004

漠然とした共同体意識

 連休中に本を読みました。渡辺洋三著「法とは何か」と話題沸騰中の養老孟司著「死の壁」です。

Continue reading "漠然とした共同体意識"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »