« 「いつまでも議論してりゃいいのよ」なんて誰が言ったの | Main | ちょっとデザインを変更 »

April 08, 2004

天使さまのメッセージはありがたいけど

 夫婦別姓については嬉しいニュースがとんとありません。進展でもいいから知りたいのに、進展すら自民党の闇の中です。

 そんななか、コラムという形で状況をほのかに教えてくれるのが「エンゼルあつみの永田町観察日記」。しかも政治に詳しくない初心者にもわかるように、かみ砕いて教えてくれます。これを読むだけでも少しは安心するのです。なぜなら、知らないままでいると不安は増長し、知ることは癒しにつながるからです。

 同姓でなければ夫婦とは認めない国はもう日本以外にはインド?だけになってしまいました。去年タイが法律上の夫婦でも別姓を認めたからです。それほどまでに日本の民法は世界的に後れを取っているのに、進まないのはなぜでしょう。

 その理由のひとつに待望する声は実在しつつも、大きな声として立法府である永田町に届いていないからだと思います。露骨な言い方をすれば、票田とは思われていないのでしょう。また、議員には男性も多く、問題意識も希薄です。むしろ、政治家とは奥様の献身的な応援が大きな支えとなる職業でもあり、だからこそ奥様の職業や実家を重視するかのような印象で見られる夫婦別姓には拒絶感が強いのかもしれません。

 結婚前後の非力な迷える子羊たちに業を煮やしてか「エンゼルあつみ」さんは政治的な攻略方法を一般市民にも説いて下さいます。お言葉はとても頼りになるのですが、壁が強大すぎて。はあ(溜息)。

 関係ありませんがキリスト教でいうところの天使とは神と人間の間のメッセンジャーです。人間は人知を超越した神とは直接対話できないそうです。永田町にいる人たちは神なのでしょうか。または神が操っているのか。あまりに永田町は遠すぎます。

|

« 「いつまでも議論してりゃいいのよ」なんて誰が言ったの | Main | ちょっとデザインを変更 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24101/412624

Listed below are links to weblogs that reference 天使さまのメッセージはありがたいけど:

« 「いつまでも議論してりゃいいのよ」なんて誰が言ったの | Main | ちょっとデザインを変更 »