« March 2004 | Main | May 2004 »

April 29, 2004

800万人とはどれくらいか

 800万人は多いか、少ないか。800万人と言えば、このくらいです。想像できますか?

Continue reading "800万人とはどれくらいか"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 28, 2004

旧姓も検索してくれる夢のシステムよりも

 氏名を変更することにまつわる苦労は体験しないとなかなか想像できないようです。私も実際に結婚改姓するまではその深刻さを軽く見ていました。

Continue reading "旧姓も検索してくれる夢のシステムよりも"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2004

憲法を努力目標として考える

 とある大学が実施している法律学の社会人講座に足を運んでいます。
私はとっくに大学を卒業しましたが法律は専門でなかったので、基礎編でも十分ためになること多しです。

Continue reading "憲法を努力目標として考える"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 23, 2004

社会の最小構成単位とは

 1人の人間が2つの苗字を持つことと、1つの家族に2つの苗字があること、どちらがより問題があるでしょうか。

Continue reading "社会の最小構成単位とは"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2004

別居ではありません

 会話の端に何気なく「フウフベッセイ」と出てきました。ある一人は一瞬きょとんとして、

Continue reading "別居ではありません"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 14, 2004

センター試験に出題されるほどの知名度がありながら

 今年センター試験に挑戦した受験生もいまやどこかの大学の新入生になっているか、はたまた来年に向けて予備校に通い始めている時期です。ちょっと古いのですが、センター試験について一つ記しておこうと思います。

Continue reading "センター試験に出題されるほどの知名度がありながら"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2004

ちょっとデザインを変更

「さくら」から「ルージュ」に変えてみました。ちょっと実験中です。今後もこういうことはきっとあるでしょう。暖かく見守ってくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2004

天使さまのメッセージはありがたいけど

 夫婦別姓については嬉しいニュースがとんとありません。進展でもいいから知りたいのに、進展すら自民党の闇の中です。

Continue reading "天使さまのメッセージはありがたいけど"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2004

「いつまでも議論してりゃいいのよ」なんて誰が言ったの

 毎年、自民党の部会で夫婦別姓法案提出が阻止されますが、会議の場が部会なのでまったくその中身が明らかにされません。いったい、誰が反対し、どういう主張をしているのでしょうか。メディアはぜひ積極的に取材してほしいです。

Continue reading "「いつまでも議論してりゃいいのよ」なんて誰が言ったの"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2004

夫婦別姓「法案提出断念」報道の余波

 何度言っても残念ですが、報道によると自民党推進議員は夫婦別姓法案を今国会から提出することは正式に断念したそうです。

Continue reading "夫婦別姓「法案提出断念」報道の余波"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 04, 2004

神社もいろいろ、夫婦もいろいろ

 ふと思い立って神前式で検索したら、神前式で結婚できる神社一覧のページが見つかりました。そこはブライダルブティックでした。

Continue reading "神社もいろいろ、夫婦もいろいろ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 01, 2004

法律原理主義

 私は法律については専門的に勉強をしていないので、ただいま勉強中の身です。

Continue reading "法律原理主義"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »